斎王祭り

<斎王祭りとは>

京に都があった頃、天皇の代わりに伊勢にある伊勢神宮の神に仕えるた

めに、内親王又は天皇家一族の姫が、多気郡明和町にある斎宮に赴いた。

天武天皇の皇女をはじめとして平安、南北朝までおよそ660年間、64名

の方々が伊勢にこられたそうです。

京から伊勢に赴く行列は、郡行といい、従う人々500名というきらびやかさ

であった。

斎王まつりはこの様子を再現したもので、明和町にある斎宮歴史博物館周

辺を中心に、平安の昔さながらの絵巻が繰り広げられる。
a0037298_23364815.jpg


a0037298_23372851.jpg

               斎王郡行の再現
a0037298_23375966.jpg

                 斎王さま

今日は暑い一日でした。

斎王に扮する人、郡行に参加した人達も随分暑くて、大変だった

とおもいます。

幸い爽やかな風があったものの、あの重いかつらや、衣装、それ

に長時間のお祭りには参ってしまったけど、昔は何時間じゃなくて、

何日もかけてこの地にやって来たと言うけど、気の遠くなるような事

だったなと感心した。

この郡行の主役達は、毎年一般からの募集で決まるそうです。

近頃では、日本在住の外人も日本の文化に触れたいと、参加され

る人も増えているそうです。

日本絵巻を見ているような一日もあっという間に過ぎていきました。
[PR]
by myu2002226 | 2005-06-05 23:56 | お出掛け
<< 僕、辛い毎日なんですぅ・・・ 感動的な映画とドラマ >>