サンタさんからの手紙

もうすぐクリスマスがやってくるというある日、ふと目に留まった新聞広告。

”あなたの夢見る子供達にサンタさんからのお手紙が届きます”と書いて

あった。

「この手紙が届いたら、子供達はきっと喜ぶだろうな~?」って子供達の

喜ぶ姿を想像しながら新聞に書いてあった申込書と手数料を添えて

さっそく申し込んだ。

サンタさんからの手紙の中には、英語で書かれたレターセットと、

日本語で書かれたお手紙、そしてサンタさんのシール等が入っていた。

子供達のキラキラ輝く目と喜ぶ姿が嬉しくて毎年毎年申し込んだ。

何年続いたんだろうか?

子供達の夢を失いたくないと思い、サンタさんの本も沢山読んで

聞かせた。

「サンタさんは夏の暑い日は、休暇で避暑を楽しんでいたり、シーズン

になると夜も寝ないで世界中の子供達のお家を回っているとか、

いかにもそれらしい本を何冊も読んで聞かせた。

わが家の子供達はサンタさんは絶対に居るものだと信じていたのに、

友達から「サンタさんは、お父さんたちがやってるんだよ。」って聞いて、

子供は私にたずねてきた。

「ね、ね、サンタさんてほんとうにいるんだよね。」って・・。

そんなときも、「サンタさんからお手紙が届くでしょう。

あれは今年もプレゼント持って行くからね~って手紙でしょ。」

「( ・_・)ん?( ・_・)ん?」

そうやって、子供の夢を大事にしてあげたいと願っていたのに、

いつの間にかやっぱりサンタさんは居ないってわかってしまった。

あ~~、子供達が大きくなった今は、あのころが懐かしい。

”サンタさんからの手紙”を信じてくれていたあの頃が・・。

<サンタさんからの手紙>
[PR]
by myu2002226 | 2005-11-29 23:54 | つぶやき
<< お鼻が高いのはどっち? 眠いのに~ >>