時が忘れさせてくれていく中で

先日は、たくさんの暖かいお言葉に感謝するばかりです。

母の死に関して、いろんな方々のお言葉がこんなにも身にしみて嬉しく感じる物だと

今更ながら強く感じた物でした。

*******************************************************************

nickちゃま、Mスサノーちゃま、YUMIKOちゃま、ゆうこりんさん、ミントティーちゃま、

なんちゃま、○ちゃま、(6/16 22:11鍵コメKちゃま)、(6/16 22:22鍵コメIちゃま)、

ピッピちゃま、(6/17 01:23Mちゃま)、(6/18 09:18鍵コメKちゃま)、Vaviちゃま、

(6/19 18:25鍵コメYちゃま)、Hamaboちゃま、(6/21 07:28鍵コメMちゃま)

*******************************************************************
ありがとうございました。

皆さんのあたたかいお言葉を読みながら、頑張らなくっちゃと元気づけられました。

時間が少しずつ解決していく中で、ふと独りになったとき、

母の一つ一つの癖や笑い顔が思い出されます。

それは、今までみたいに辛いとか悲しいとかで涙するって事ではないけど

あんな事もあったなぁ、こんな時に喧嘩したなぁ・・・そしてそれが何故か幼い頃の事だったり

思い出って、不思議だなぁって思うの。

信号待ちしてる時に横切っていった自転車に乗ってる人が母に似てるって思った時、

知らず知らずに目で追っかけて信号が変わるのも気がつかなかったりして・・・。

口癖だったこと、薬を飲んでる姿、笑ってる顔、怒ってる顔、どれも言葉では表せないんだけど

ぼんやりと思い出す。

****************************************************************

今になって、あの時はこうしてやったら良かったかも?

強行に手術をしたら、癌はあんなに大きくならなかったのだろうか?とか

安らかに眠っていった母の結果は良かったのかもしれないけど、

やっぱり何かしら後悔は残ってる。

どの選択が良かったかは誰にもわからないけど、

高齢な母を思い、私達の選んだ、「痛みの伴わ無い治療を」と願った選択・・・・・、

これで良かったんだよねぇ~って自分に言い聞かせてるように思えて仕方ない。

*******************************************************************
今は、病気になってしまった母に美味しい物を食べさせたあげたいと願って借りた畑で

美味しい野菜が実り始めています。

朝、収穫したきゅうりやなすびが霊前に供えられています。

間に合わなかったのが残念だけど、これからも新鮮な野菜お供えしたいと思います。


ありがとうございました、これを感謝の言葉に代えさせていただきます。
[PR]
by myu2002226 | 2009-06-21 23:07 | つぶやき
<< 畑、始めました。 母の死を乗り越えて >>