考えられない事故の現場!!

先日の大寒波の日(2月6日)に出産で家に帰ってきた娘を送って熊野に出かけた。

この日は日本列島に大寒波をもたらした凄い日だった。

北陸のほうでは、豪雪で埋もれた数百台の車の立ち往生。

そして、暖かいとされてる三重県でも桑名のほうでは前の晩から相当に雪が降って

交通機関も不通になった。

朝から小雪舞う中熊野に向ったけど、

途中に荷坂峠、ヤノコ峠等カーブの急な山道があって凍ててないかと心配しながら走らせた。

思った通り、大内山付近でも雪が降り山裾も雪が積もって真っ白状態だった。

長島を過ぎたころより雪も少し少なくなったので安心したけど一年のうち数回しか降らない雪に

この辺の人たちは、路面にわずかに積もった雪でも対応しきれず渋滞になることもあるのです。

そんな状態の中、生まれて一カ月の孫を乗せて昼近くに熊野に着いた。

七里御浜では昨年のフェリー事故の現場が目に飛び込んできた。

海の上に横倒しになって解体作業が進んでる様子だった。

ニュースでは見てるけど間近に見るのは初めて。



その時の事故の状況をユーチューブで確認した。

ものすごい事故の現場が今では名物のようになっているが

こんな悲惨な事故は未然に防げなかったのだろうか?

a0037298_825637.jpg


解体作業は困難なんだろうか?

早く撤去されないとこの七里御浜の風景が壊れて残念でならなかった。
[PR]
by myu2002226 | 2010-02-10 08:27 | お出掛け
<< 久しぶりのお散歩 一月に梅が開花って?! >>